専門クリニックで行われる検査って何をするの?

血液検査をしてAGAかどうかを調べる

薄毛は老化現象と見られがちですが、若い人でも気になる人がいるでしょう。男性であれば加齢だけでなく、男性ホルモンが原因で起きるAGAの可能性が高くなります。年齢はあまり関係なく、男性ホルモンが毛髪サイクルに良くない作用を与え、それによって成長すべき髪の毛が抜ける症状です。現在はこの状態を改善する薬があり、投薬などによって多くの人が実際に改善しています。そこで薄毛治療を専門的に行うクリニックでは、治療を開始する前に血液検査を行います。血液検査でその人の薄毛の原因がAGAかどうかの判断を行います。一般のクリニックでは検査をせずにただ薬の処方のみのところもあります。専門クリニックならAGAと診断されたときに薬を処方してもらえます。

遺伝子検査によって薬の配合が決まる

薄毛治療でまず提案されるのが投薬治療です。毎日処方された薬を飲むだけなので、患者側としてはそれほど負担には感じないでしょう。薬なので副作用が出る時もありますが、痛みなどを伴うわけではありません。薬に関しては日本で認証されているものでもいくつかあり、病院ではその中から最も良いと思われるものが処方されます。専門クリニックでは、オーダーメイドの処方を売りにしているところがあり、よりその人の状態にあった処方をしてくれます。一つの薬だけではなく、複数の薬を組み合わせて服用して治療をしていきます。その人の状態を調べるために行われるのが遺伝子検査です。遺伝子の状態で薄毛の原因因子を調べ、薬の配合を調節してくれます。