一般の医療機関で検査や診察はあるの?

一般の医療機関でも可能

薄毛に悩んだ時は薄毛治療専門のクリニックだけでなく一般の医療機関でも検査や診察が可能です。基本的には皮膚科や内科で、女性の場合は婦人科でも可能です。
自身の頭皮の状況に合わせて病院を選ぶ必要があり、例えば頭皮が赤くなっていて明らかに皮膚関係が問題ならば皮膚科へ行くという具合です。皮膚に何も問題が無さそうなのに、急に薄毛が目立ってきたり薄毛と共に体調面にも問題が生じているならば内科が適しています。女性は妊娠や出産の過程でホルモンバランスが乱れて薄毛になるケースが多いので婦人科での検査が良いです。
一口に薄毛と言っても、単なる遺伝や老化現象ではなく重大な病気が隠れている可能性もあります。病気の可能性を否定しない為にも一般の医療機関も視野に入れておきたいです。

一般の医療機関で何ができるか

一般の医療機関で、内臓疾患などが原因で薄毛に繋がっているのであればそれを解消させていく薬が処方されます。内臓の状態が良くなることで、結果的に薄毛が解消されるのです。それに加えて早く元の状態に戻す為に育毛剤が処方されることもあります。しかしこの育毛剤は薬局などで売っているものと同じではなく有効成分の濃度が濃いです。濃度が濃いということはそれだけ薄毛状態を早く解消できる可能性があります。全ての皮膚科や内科で薄毛診察の体制が整っている訳ではないので、事前に確認してから訪れます。
気になる保険ですが、薄毛は病気と診断されないので薄毛単体では適用されません。ただ、何らかの疾患が原因であればその限りではないです。